『さよならも出来ない』

第17回 TAMA NEW WAVE コンペティション グランプリ&ベスト女優賞 受賞

trailer 予告編

introduction イントロダクション

わたしたちをつなぐのは、
二人を別つ境界線。

京都から新たな映画を発信する人材育成事業「シネマカレッジ京都」(主催:京都市、シマフィルム株式会社、株式会社映画24区)で行った俳優ワークショップに集った参加者が中心キャストとなり、講師の松野泉がオリジナル企画で臨み、本作を制作。映画において「演技」とは何なのか、映画のなかでいかに「存在」するかをワークショップのなかで考え、制作準備期間にも各キャストのリハーサルを重ねて撮影を行った。

「二人の男女が恋人としては別れても同居を続けている」という状況と、その周囲の人々のざわめきを、キャストの存在をじっと見つめるような視線で描いた作品です。人が人と関係し続けることの困難さ。境界線は、人を分かつだけでなく、人をつなぐラインでもあること。目の前の手の届く世界のなかで、ささやかな希望を見出す意欲作です。

Director’s Message

この作品はワークショップを経て製作されました。出演者と共に、お芝居を通して他者と向き合うとはどういう事なのか思考を重ね、演技するという事に対して技術論ではなく、その人自身の在り方として立ち向かう方法はないかと模索を続けました。この作品を通して、たくさんの魅力的な人物に出会いました。それは、出演者自身でもあり、この物語という時間を共有する事で産まれた「初めまして」の誰かでもありました。この作品を観た人達の中に、思いがけない出会いの瞬間がもたらされる事を心から願っております。

story ストーリー

香里と環は別れてから3年も同棲生活を続けている。友人や周りの人間からは関係をはっきりさせた方が良いと言われるが、家の中に境界線を引き、ルールを設け、恋人、友人でもない生活は続いている。そんなある日、環は会社の同僚の浩に食事に誘われ、香里も同僚の紀美から思わせぶりな態度を示される。さらに環の叔母夫婦が二人の状況を探りに来る。二人はなぜ離れられないのか、別れるとはどういう事なのか。決断の時が訪れた。

cast / staff キャスト・スタッフ

出 演

野里佳忍、土手理恵子、上野伸弥、日永貴子、長尾寿充、龍見良葉
余部雅子、柳本展明、上西愛理、今井理惠、宮前咲子、篠原松志、田辺泰信、堀田直蔵、辻凪子

スタッフ

監督・編集:松野泉
撮影・編集:宮本杜朗/美術:塩川節子/録音:斎藤愛子/制作:鶴岡由貴
録音・助監督:斗内秀和/メイク:森島恵/音楽:光永惟行/WEB制作:境隆太/デザイン:中西晶子/プロデューサー:田中誠一

2016年/HD/STEREO/76分 制作・配給:シマフィルム株式会社

監督プロフィール

松野泉Izumi Matsuno

1982年生まれ。2004年大阪芸大卒。大学入学より、短編映画や音楽の製作を開始。2006年、自主制作で『GHOST OF YESTERDAY』を監督。第30回ぴあフィルムフェスティバル(2008年)にて審査員特別賞、企画賞を受賞。長編第2作として2007年にCO2企画助成作品『YESTERDAY ONCE MORE』を監督。
2013年よりシネマカレッジ京都の俳優コース講師をつとめ、本作『さよならも出来ない』は受講生が出演する終了作品として制作された。
映画録音(整音)技師としても『Dressing Up』(2012年/安川有果監督)、『SAVE THE CLUB NOON』(2013年/宮本杜朗監督)、『ハッピーアワー』(2015年/濱口竜介監督)、『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』(2015年/遠藤ミチロウ監督)、『函館珈琲』(2016年/西尾孔志監督)などに参加。
また、ミュージシャンとしても活動し、1stアルバム「星屑の国」をリリースした。

news お知らせ

全国共通鑑賞券と特典缶バッジ

『さよならも出来ない』公開劇場3館にて、
本作をお得にご鑑賞頂けるチケットを販売いたします。
切なさにみちたこのチケットをどうぞ手に入れてください。

さらにご購入の方には特典として缶バッジをプレゼント。
映画のなかで登場する印象的なモチーフやできごとがイラストに。
全8種、いずれかをお選びください。
数に限りがありますので、お早めに劇場へお求めください。

★各劇場での販売開始は4/20以降になります。
詳細は各劇場窓口へお問い合わせくださいませ。

theater 劇場情報